三重婚活応援隊

三重県四日市市にある結婚相談所 レッドエッグで、
婚活を助けて、成婚者を創るために情熱を注入している結婚カウンセラーの奮闘記です!

平成25年に成婚退会されたのですから、
今から5年前に卒業された会員様から写真が送られてきました。

この1月18日に第一子の誕生された報告です。

元気な男の子だそうです。


〈ご本人の許可をいただいております〉

彼らが結婚したのは41歳の時でした。

それから5年。

お子様が欲しくて不妊治療を続けてこられたそうです。

そして、46歳で初産です。

母子共に元気で今日を迎えることができました。

まだ不慣れな感じで赤ちゃんを抱く彼の顔は、
嬉しさに満ちあふれていました。

送られてきたメールには、
「すでに立派な親バカです」と書かれていました。

思いっきり親バカを満喫してください!

本当に良かったですね!

またお近くにお越しになったらお立ち寄りいただきたいです。

by ジャック
posted by ジャック at 19:45 | Comment(0) | 成果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
我々の20代ののころ、職場結婚というのは結婚の場としてまだ成りたっていました。

会社によっては職場で引き合わせをする流れもあったくらいです。

その当時の全結婚の中で職場結婚の比率は実に40%近く。

それだけ有効な「出会いの場」であることは間違えありません。



しかし、今は職場結婚は存在するもののその時の半分以下になっています。

いろいろと理由は考えられるのですが、やはり一番は男女の価値観の違いだと思います。

やはり男性は保守的な面があり、昔の名残りで封建的な考えをする方も少なくありません。

具体的には、男性が外で働き、女性が家庭を守る。

そんな社会構造は男女雇用機会均等法が成立した30年も前に崩壊しているんです。

今は、男性の給与は低止まりし、女性も男性と同じ給与をもらえています。

明らかに今は、男女の給与を合算した世帯年収でやり繰りしないと生活に支障を来す家庭も少なくないでしょう。

それでいいのに職場という集合体において、女性の立場で男性を結婚相手として見れないのではないかと思うのです。

次の理由は、個人情報の関係です。

今のご時世、やれ個人情報、やれプライバシー、コンプライアンスと、情報の締め付けが厳しすぎて迂闊に未婚状態に苦言を呈することが出来ないのです。

仮に異性の上司から結婚に関する話題を振られようものならすぐに「セクハラ」です。

これでは怖くておせっかいも焼けません。

最後の理由は、草食系といいましょうか?失敗を過度に嫌う男性が増えたことです。

職場恋愛をして、うまく行っているときは良いけど、もし駄目になってしまったらお互いにダメージを受ける可能性が強いのです。

そのリスクから恋愛を他方に向けようとする動きが近年あるわけです。

もっと言えば、他方にその力を向けて活動してくれれば良いのですが、最悪は全く動かないという方が増えている現状です。

何度も言います、結婚は動かないとできませんよ。

職場結婚は正攻法だと思います。

可能性のある方は頑張ってもらいたいですね。

by ジャック
posted by ジャック at 20:22 | Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近、婚活市場を席巻しているのが婚活アプリ。

はじめるときの手軽さから登録者数が最王手では500万人という
とんでもない登録者数です。



婚活に興味を持ち始めた人が気軽にはじめてくれるので、
婚活の取っ掛かりには良いとは想います。

具体的なブランドとしては、「ペアーズ」だとか「OMIAI」が
それにあたります。

では、実際にそれらのツールを使った成婚が生まれているか
いないかで言えば生まれているでしょう。

そりゃ500万人も利用していれば必然です。

しかし、実態は不明ですが、有効なツールとは言いがたい部分が
多いのも事実ですし、おそらくご成婚に至ったカップルは奇跡みたい
偶然が重なった結果であると思います。
それくらい、アプリを使った結婚は難しいのではないのか思うのです。

我々が婚活事業を手がけた時に、手軽さで手を出す人が多かったのが
「出会い系サイト」です。

今は悪評が先行し、ほぼ死に体な状況であるのですが、それに変わって
台頭してきたのがこの婚活サイトなわけです。

簡単な個人情報を提出して安全性をアピールしていますが、そこは
本当に安全な場とはほど遠いのが現状で、アプリの運営会社も手を
焼いているのが現状でしょう。

私が把握している具体的な事象だけでも、
1再婚者も登録している
2遊び目的の人も登録している
3物販目的の人も登録している(特にネットワークビジネス)
4勧誘目的の人も登録している
5独身者でも結婚に対する意識が低い人が圧倒的に多い

以上のことから、実態は一昔前の出会い系サイトとさほど違いがない
ような気がしますね・・・

やはり、婚活は料金が掛かれば真剣度が上がりますし、
人が関わる度合いが増せば増すだけ安全の度合いも増すのは間違えないのです。

さらに、個人情報に関しても、免許書だけで独身が証明できる訳も無いし、
やっぱりたくさん面倒な確認書類を提出したとしても、それが安心に変わるのです。

そのことに早く気づいてやり方を変えていかないと、
登録しているだけで何もないのでは時間だけ浪費しているに過ぎませんからね。

よ〜〜〜く考えよう!

by ジャック
posted by ジャック at 22:08 | Comment(0) | 相談会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered by Seesaa